PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大腿骨頭壊死の潰れた骨頭が丸く元にもどった!

去年の4月から大腿骨頭壊死のお客様が来られています。

6月に某岡山の有名大学病院でMRIとレントゲンで検査をしたところ、骨頭壊死症状がでている軟骨部分が潰れてしまっていて、このままでは年末には痛みで歩けなくなり、手術は確実だろうと診断をくだされました。

お客様はこの診断にものすごくショックを受けていましたが、なんとか手術をしなくてすむように、当院に頑張って通ってくれました。

そして10月に再び大学病院で検査をしたところ、潰れていた軟骨の部分が、きれいに丸く復元していたそうです。
私はそのレントゲン写真を実際に見ていませんが、大学病院の先生にはっきりと「もう手術はしなくて大丈夫でしょう」と言われたそうです。

このお客様は、当初は両腕に松葉杖を持っていないと立っていられないほど重症だったのですが、今では松葉杖なしにスタスタと普通に歩いて生活しています。

この事例のように、きちんと正しく体のケアをすれば、大腿骨頭壊死症は回復可能な症状です。

もしも、あきらめて人口関節にしていまっていたら、もう元通りにはなりません。


実は6月の検査で骨頭が潰れていまっていると診断された時には、すでに4月からの施術で痛みはかなり軽減していて、松葉杖なしでも歩けるようになっていたのです。

ということは、痛くて歩けないのと、骨頭に壊死症状が出ている事は、まったく関係ないと言えますよね?!
病院ではこの矛盾をどのように考えるのでしょうか・・。

無痛ゆらし療法では、痛くて歩けなくなってしまった原因は、股関節周辺の筋肉が異常に固くなって伸びなくなってしまった為だと考えています。
実際に、筋肉の固い部分を施術で柔らかくすると、歩くときの痛みはその場でかなり軽減されています。

そして筋肉が柔らかくなると、血流と体液の循環がスムーズになり、軟骨に栄養が行き渡るようになり、時間をかけて潰れた軟骨が徐々に復元されていくのです。

多くの大腿骨頭壊死でお困りの方が、無痛ゆらし療法で回復に向かっています。
お悩みの方は、大きな決断をする前に一度ご相談下さい。

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 大腿骨頭壊死はよくなる | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pepkaradakoubou.blog65.fc2.com/tb.php/123-3f731539

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。