| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

野球肘は、骨や靭帯よりも、まず筋肉!!

最近、高校球児の野球肘・野球肩のご紹介やお問い合わせが多いです。

野球肘ってきくと、皆さんはまず靭帯が損傷したと思われるでしょう。

そして、野球肘を治すには、手術しかないと思われるでしょう。

ほんとにお子さんの肘の痛みは、靭帯が原因でしょうか



なぜそんな事を言うのかというと、

靭帯が損傷している肘の痛みだったら無痛ゆらし療法では良くなりません。

でも、実際には多くの子供達が選手として復帰できています。

私達は筋肉の調整しかしていません。

なのにボールを投げるときの痛みがなくなる。

という事は、野球肘の痛みの原因のほとんどは、疲労の蓄積による肘の筋肉の問題だと言うことになります。

確かに、靭帯を損傷して痛めているケースもありますが、それはごく希です。

手術をする前に、この痛みはほんとに靭帯なのかを考えて見てください。

子供たちの肘にメスを入れる事なく回復できる可能性があります。
スポンサーサイト

| 野球肘・野球肩はよくなる | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。