| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

脳梗塞のリハビリもお任せ!

脳梗塞とは、脳に栄養を送る動脈が、何らかの原因で細くなったり血栓で詰まったりして、脳に酸素や栄養を送る事ができず、脳組織が壊死または壊死に近い状態になる事をいいます。

脳組織が壊死すると、うまくカラダに正しい動きの命令が出せなくなります。
そのために、手や足の筋肉が異常に緊張してしまい、体中に疲労が溜まり二次的な症状(違う箇所が痛くなる・膝に水がたまる)を引き起こします。

無痛ゆらし療法では早く回復させるために、動き辛さで溜まった体の疲労を解消しながら、もう一度『脳』に本来の正しい動きを再学習させていきます。

一般的な痛みを伴うリハビリだけでは、固い筋肉の緊張を効果的に緩めることは難しいように思います。
現に、痛みを我慢しながらリハビリをしても伸びなかった膝が、一回の施術で伸びるようになった例が多くあります。
筋肉の緊張を緩めて膝が伸びるようになってから、いろいろな筋肉をつけるリハビリをすることで、何倍もの効果が出ます。

もちろんリハビリは、なるべく早い時期に始めたほうが回復の状態はいいのですが、体に負担をかけない(筋肉を固くさせない)よう効率よくするには、『痛みを伴う無理な動きをしない』『動きやすい範囲で伸び伸び動いてもらう』ことが大切です。

無痛ゆらし療法では、今どこの筋肉が使えてなくて動きが悪いのかを分析し、そこが上手く使えるように優しい手技で動きの再学習をさせます。
また、ご自宅でできる自己療法もありますので、その人に合ったやり方を指導します。

つらいリハビリでお困りの方、お早めにご相談下さい!

pepからだ工房【お問い合わせ】
スポンサーサイト

| 脳梗塞のリハビリ | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。