| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オスグッド病、成長痛が短期回復!

東京で整体を行なっていた時は、オスグッド病のお客様はたくさん来られていたのですが、岡山で開業してからはそんなにお問い合わせは多くはないですね。

整体に対する、都心と地方の感覚の差でしょうか。

オスグッド病・成長痛による、膝やカカトの痛みは簡単に回復できるので、お困りの方はお早めにご相談ください。(^ ^)

で、最近久しぶりにオスグッド病の中学生の男の子を施術しました。

ジャンプしても、軽くその場で駆け足をしても膝に痛みがある状態。

部活動は2ヶ月間休んでいます。

いま試合がない冬のオフシーズンなので、今のうちになおしておきたいとのこと。

オスグッド病の膝痛の大半は、太もも前面の『大腿四頭筋』という筋肉の疲労が原因です。

この男の子も、大腿四頭筋を緩めてあげたら、たった2回の施術で完全回復できました。

本人も一緒に来たお母さんもビックリされてましたが、オスグッドの回復はそんなに難しいありません。

たまに我慢しすぎてこじらせて、難しくなっているケースもありますが。

こじらせていても、5回くらいでなんとかなります。
スポンサーサイト

| オスグッド・成長痛はよくなる | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野球肘は、骨や靭帯よりも、まず筋肉!!

最近、高校球児の野球肘・野球肩のご紹介やお問い合わせが多いです。

野球肘ってきくと、皆さんはまず靭帯が損傷したと思われるでしょう。

そして、野球肘を治すには、手術しかないと思われるでしょう。

ほんとにお子さんの肘の痛みは、靭帯が原因でしょうか



なぜそんな事を言うのかというと、

靭帯が損傷している肘の痛みだったら無痛ゆらし療法では良くなりません。

でも、実際には多くの子供達が選手として復帰できています。

私達は筋肉の調整しかしていません。

なのにボールを投げるときの痛みがなくなる。

という事は、野球肘の痛みの原因のほとんどは、疲労の蓄積による肘の筋肉の問題だと言うことになります。

確かに、靭帯を損傷して痛めているケースもありますが、それはごく希です。

手術をする前に、この痛みはほんとに靭帯なのかを考えて見てください。

子供たちの肘にメスを入れる事なく回復できる可能性があります。

| 野球肘・野球肩はよくなる | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガングリオン嚢胞は安静が大事!

最近なぜか、ガングリオン嚢胞のお問い合わせが多いので、ガングリオンのついて整体的な見解を書いていきます。

ガングリオンは脂肪の塊なのですが、なぜ出来てしまうのかというと、その部位に強い衝撃が加わった時にできます。

よくあるのがサッカーなどで手首に相手のボールを蹴った足が当たってしまい、ガングリオンができてしまったとかです。

神輿ダコなどもそうで、お神輿を肩に担いでいると、肩にラクダのコブのようなガングリオンができます。

◇一般的な治療法としては、注射で中身を抜き取る。
◇手術でその部分を切除する。
◇脂肪の塊を思いっきりブチッとつぶして、脂肪を散らす。

などです。
しかし、上記のやり方では良くなる人もいますが、すぐに再発してしまう可能性が大きいんですね。

なぜかと言うと、そもそもガングリオンは、強い衝撃からその手首や肩を守るために作られたものだからです。

強い衝撃を受けても大丈夫なように、脂肪のクッションを体は作っているんですね。

すごい能力です!!


ですので、ガングリオンに針を注射したり、強く押さえたりすると、『また手首に強い刺激がきた!!もっと頑張って脂肪を集めて防衛しなければ!!』と体は判断し、以前よりパワーアップしたガンクリオンを作り上げます。

再発したガングリオンはかなり手ごわくなって現れるのはその為です。

ではどうすればガングリオンが無くなってくれるかというと、実は簡単なんです。

何もしないこと。
触っていじったり、ぶつけたり、圧迫したりしないことです。

要は、『もうこの部位には危険はないから、脂肪のクッションはいらないな』と判断させることなんです。

体が判断すれば、あっという間にガングリオンはなくなります。

ただ、それまでにどのくらいの期間が必要なのかは、個人差があるのでなんとも言えません。

数週間で無くなる人もいれば、状態によっては数ヶ月以上かかる人もいます。

場合によっては、再発のリスクがある注射の方が早くよくなることもあります。
しかし、もし再発したら治りにくくなるので、選択は難しいところですね(^-^;

時間とお金をかけてでも、リスクなくガングリオンを無くしたいという方は、ご相談ください。

※ちなみに、魚の目やタコと呼ばれる出来物も、ガングリオンと全く同じ理由で作られています。
なので、あまりいじらないでくださいね!

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

| ガングリオンはよくなる | 15:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大腿骨頭壊死症は怖くない

大腿骨頭壊死症という病気があります。

ステロイドや飲酒などで、肝臓などの内臓が弱ってしまうと、体の中に古い細胞がたまってしまいます。
身体に古い細胞がたまると、骨や血管はもろくなり、骨頭壊死症のような病気になります。

しかし、逆に考えると、内臓の働きを良くしてあげて、古い細胞を新しい細胞に入れ替えれば、血行はよくなり骨頭の軟骨も回復していくのです。

そもそも、大腿骨頭壊死という名前がよくありません。
「壊死」という名前が怖すぎですよね。
自分はこのまま死んでしまうのではないかと勘違いして、家族で泣いてしまったというお客様もいました。

正確には、「壊死」ではなく、軟骨に栄養が行きにくくなり、潰れてしまっているだけです。

大腿骨頭壊死症でなくても、高齢になれば、半月板や椎間板の軟骨は自然と潰れてしまいます。
それと同じだと考えてもらって大丈夫だと思います。

軟骨は少々潰れてても、問題はありません。
このブログにも何度も書いていますが、股関節の痛みと軟骨の潰れはまったく関係ありません。
骨には神経は通ってないので痛みは感じませんし、股関節の骨と骨がぶつかって痛いのなら誰もがまともに立つことさえできないでしょう。

一番問題なのは、軟骨の潰れが、高齢によってではなく、ステロイドなどの副作用で内臓が弱っておきてしまっていることです!!

大腿骨頭壊死症の方で、今現在ステロイドを投与している方は、どれだけ早く投与量を減らしていけるかが重要です。
もうステロイドはやっていない方は、内臓の働きをあげる為に何をするべきなのかを考えなければいけません。

なかなか大腿骨頭壊死症の症状に変化がない場合は、何かが回復の邪魔をしています。

◇どうすれば内臓の働きが上がるのか!? 
◇何が回復の邪魔をしているのか!?

なるべく早く真剣に考えて回復に向かって取り組んでいきましょう。

大腿骨頭壊死症の施術には、専門の知識と繊細な技術が必要ですので、ほとんどの療法は手が出せず受け付けていないのが現状です。
ですので、リスクのある人工関節や手術の選択しかない方がほとんです。

当院でも行なっている「無痛ゆらし療法」には回復例が多数ありますので、縁がありこのブログをご覧になった方は覗いてみてください。↓

      □■□ 大腿骨頭壊死症 回復体験談 □■□

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

| 大腿骨頭壊死はよくなる | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

整体でなぜ痛みや病気が回復していくのか!?

整体でなぜ痛みや病気が回復するのですか!?

よくお客様に質問されます。

整体の手技でできることは限られています。

○凝り固まった筋肉を、柔く伸び縮みできる状態にする。

○骨盤や背骨や関節の歪みを調整する。


どこの整体流派もだいたいこの二つだと思います。

で、無痛ゆらし療法の得意にしているのは、自律神経の反応を利用して凝り固まった筋肉を柔らかくしてあげることになります。
※もちろん骨盤調整もできます。

筋肉を柔らかくすることとと、痛みや病気が回復することとが、一般的にはなかなか結びつきにくいのですが、こう言ったらどうでしょうか。

◆この筋肉には、内臓(腸・胃・腎臓・肝臓・心臓・肺)や、血管も含まれます。

内臓や血管も筋肉でできています。

内臓や血管の筋肉が柔らかくなって、新陳代謝が上がり血流がよくなったら、一般の方でも身体の症状が良くなりそうなイメージができると思います。(´ー`)

そして、内臓や血管も自律神経によって管理されています。

無痛ゆらし療法の、自律神経を調整しつつ筋肉を柔らかくする手技は、痛みや症状の回復にとても有効なやり方になるのです。

一般的な強く押したり揉んだりするマッサージのような手技では、身体の内部にある内臓や血管を揉みほぐすことはできません。

ですので、痛みや症状の回復を目的にされている方は、自律神経の調整を主眼においている整体や療法をお勧めします。

| 整体で痛みや症状が良くなる | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

正しい姿勢ってなに??

よくお客様に、正しい姿勢を教えてください!と言われます。

正しい姿勢ってなんでしょうか!?

みなさんのイメージ的には、社交ダンスのような姿勢を思い浮かべられると思います。

正しい姿勢を一概にいうのは難しいのですが、
「見た目に美しい姿勢と、健康に良い姿勢は違う」ということを、知っていただきたいです。

見た目に美しい姿勢は、社交ダンス・バレーダンスなどの姿勢ですよね。

では健康に良い姿勢とは何かというと、『無駄に力んでいないリラックスした姿勢』になります。

たとえば、腰が90度に曲がっているおばあちゃんが、無理して背中に力を入れて社交ダンスのような姿勢をとると、そのうち背中の筋肉は疲労して腰痛になるでしょう。

たとえ腰が90度に曲がっていたとしても、その姿勢の状態で無駄な力みがなければ、それはそのおばあちゃんにとって健康な姿勢になるのです。


健康な姿勢は、100人いれば100通りあります。

自分で自分の身体の感覚をよく観察することが大事です。

首・肩・お腹・背中・脚に無駄な力が入っていないかよく感じてください。

きっとあなただけの、健康に良い正しい姿勢があるはずです(^-^)

| 正しい姿勢って? | 15:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

性器ヘルペスが整体でなおるワケ <岡山整体>

■  ヘルペスとは

ヘルペス は熱の花と呼ばれてきた皮膚病で、口、顔、角膜、性器などに発症します。
赤くひりひりしたり、むずかゆくなり水泡ができ、固まりとなって次第に大きさを増します。

ヘルペス には 1 型と 2 型の 2 種類あり、口の周りや顔に出るものが1 型、陰部に出るものが 2 型です。

外陰 ヘルペス は、広義で性病と認識されています。
外陰にかゆみや不快感をおぼえ、激しい痛みがあり、発熱、からだがだるいなどの症状を訴えます。

下着の摩擦だけでもピリピリとした強い痛みに悩まされることがあり、又、パートナーの事なども意識しなければならず神経が休まりません。

一般に、免疫が弱った人やその他の病気で免疫抑制剤などを使用している人は注意が必要とされています。


■ ヘルペスの原因は、ヘルペスウイルスではない?

まず初めにお話ししておきたのは、実際に当院の「無痛ゆらし療法」によって性器ヘルペスが陰性になっている方が、ほんとにたくさん居らっしゃるとい言う事実です。

ある女性のお客様は、病院で処方された薬をずっと服用していたにも関わらず、5年間ヘルペスが出続けて悩んでいましたが、無痛ゆらし療法を受けてからはもう再発していません。

薬ではヘルペスは治らなかったのに、なぜ整体を受けることで再発しなくなったのか?!
その理由を考えていきましょう。

私は多くのヘルペスのお客様をみてきましたが、みなさん症状が治まっている時と現れている時の差があります。
よ~く話しをきくと、睡眠不足、仕事が忙しくて疲れが溜まっている、強いストレスを受けている・・などの時に、症状が顕著に現れているようです。

と言うことは、ヘルペスウイルス数値が高くなるのは結果であって、ほんとうの原因は『身体の疲労』と言えるのではないでしょうか?!


■ 整体法でいったい何ができるのか?

何人かのお客様に、「どうしても整体でヘルペスが回復するって言うイメージが分からない・・。でも他に頼る病院もないので藁をもすがる思いで来ました。」と言われました。

まず考えないといけないのが、ヘルペスを回復させる為には何が必要なのか?です。

•一つは、先ほども書きましたが、疲労が引き金になっているのは間違いないので、溜まっている疲労を解消させる!
•そしてもう一つは、あきらかな感染要因がある場合には感染ウイスルに対抗する為に、自己免疫力を上げる!
この二つがヘルペスの回復には必須になります。

では、「疲労解消」と「免疫力UP」を行う為にやらなければならないこと、それはただ一つ!!

『内蔵の働きの活性化』です。

この内臓の働きを良くする事が得意なのは、薬ではなく、筋肉を柔らかくして血流を良くすることができる整体法です。


■ 「筋肉の緊張」と「内臓の働き」の関係

体内に溜まった疲労物質を排除したり、ウイルスに対して免疫物質を作っているのは、内蔵(肝臓、脾臓、腎臓、腸など)の働きによるものです。

ですが、内臓も「内臓筋」という様々な種類の筋肉で作られています。

職場で強いストレスがかかったり、寝不足が続いたり、冷房で体が冷えすぎたりすると、肩コリや腰痛同様に、内臓の筋肉も固く縮んでしまうのです。

筋肉が固くなり内臓の働きが低下すると、寝ても覚めても疲れが取れず体がだるいのが続いたり、免疫抵抗が落ちてウイスルに感染しやすくなったり・・してしまいます。

薬もどちらかと言えば、その効能が強いほど内蔵の働きを悪くしてしまうものです。
それはみなさんご存知ですね?!

ですので、もともと内臓の働きが悪くて症状が出ているところに、さらに薬で内臓に負担を与えてしまうので、その場しのぎはできても再発を繰り返すことが多いのです。

※あまりにも重篤な場合には、まず薬でいったん症状を抑える必要があります。


■ 疲れにくい身体をつくり、ヘルペスを克服!!

仕事中の姿勢や周囲の環境によって、人それぞれ筋肉の緊張の状態、疲労している箇所(首、背中、股関節など)が異なります。

回復のポイント!は、身体のどこに特に問題があるのか?を見つけ出すこと。
そして、適切なケアを行なっていくことです。

当院では、内臓の働きを弱めている原因の、筋肉の緊張や身体の歪みを見つけ出し、施術で解消し、ヘルペスを回復に導きます。

性器ヘルペスと診断された方は、パートナーとの問題、出産の問題など、今後の人生にかかわってくるような悩みを抱えています。
一人で悩まずに、早めにご相談下さい。

あきらめる必要はありません。
繰り返す症状には必ず原因があります。

| ヘルペスはよくなる | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大腿骨頭壊死の潰れた骨頭が丸く元にもどった!

去年の4月から大腿骨頭壊死のお客様が来られています。

6月に某岡山の有名大学病院でMRIとレントゲンで検査をしたところ、骨頭壊死症状がでている軟骨部分が潰れてしまっていて、このままでは年末には痛みで歩けなくなり、手術は確実だろうと診断をくだされました。

お客様はこの診断にものすごくショックを受けていましたが、なんとか手術をしなくてすむように、当院に頑張って通ってくれました。

そして10月に再び大学病院で検査をしたところ、潰れていた軟骨の部分が、きれいに丸く復元していたそうです。
私はそのレントゲン写真を実際に見ていませんが、大学病院の先生にはっきりと「もう手術はしなくて大丈夫でしょう」と言われたそうです。

このお客様は、当初は両腕に松葉杖を持っていないと立っていられないほど重症だったのですが、今では松葉杖なしにスタスタと普通に歩いて生活しています。

この事例のように、きちんと正しく体のケアをすれば、大腿骨頭壊死症は回復可能な症状です。

もしも、あきらめて人口関節にしていまっていたら、もう元通りにはなりません。


実は6月の検査で骨頭が潰れていまっていると診断された時には、すでに4月からの施術で痛みはかなり軽減していて、松葉杖なしでも歩けるようになっていたのです。

ということは、痛くて歩けないのと、骨頭に壊死症状が出ている事は、まったく関係ないと言えますよね?!
病院ではこの矛盾をどのように考えるのでしょうか・・。

無痛ゆらし療法では、痛くて歩けなくなってしまった原因は、股関節周辺の筋肉が異常に固くなって伸びなくなってしまった為だと考えています。
実際に、筋肉の固い部分を施術で柔らかくすると、歩くときの痛みはその場でかなり軽減されています。

そして筋肉が柔らかくなると、血流と体液の循環がスムーズになり、軟骨に栄養が行き渡るようになり、時間をかけて潰れた軟骨が徐々に復元されていくのです。

多くの大腿骨頭壊死でお困りの方が、無痛ゆらし療法で回復に向かっています。
お悩みの方は、大きな決断をする前に一度ご相談下さい。

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

| 大腿骨頭壊死はよくなる | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステロイド剤の副作用

腎臓の上部にある副腎でつくられている為、副腎皮質ホルモンとも呼ばれています。
常に体内で作られているホルモンで、私達が生きていく上で身体に感じるストレスを抑制してくれる働きがあります。
このホルモンのうち、糖質コルチコイドという成分を化学合成したものをステロイド剤といって、治療に用います。

ステロイド剤を投与されると、身体で起こっている炎症や免疫反応が抑えられ、過剰な免疫反応によって起こっていた様々な症状が現われなくなります。
しかし、身体に必要な免疫反応まで抑えてしまうので、感染症などが起きやすくなります。

炎症や免疫反応とは、いうなれば『身体を治す』働きです。

身体を治そうとする働きが過剰に起こる事で、身体がその負担に耐えられず命の危険を伴ったりもしますが、ステロイド剤が効き過ぎてしまう為に、生涯かかえなければならない副作用による後遺症を背負うこともあります。

命が危ない場合はやむ得ません。
しかし実際にはその絶大な効果ゆえ重宝がられ、ステロイド剤を使わなくてもいいような症状にまで用い、その後遺症に苦しんでいる人が大勢いるという事実があります。

ステロイド剤は、一度服用を始めるとすぐには辞めることはできません。
よくお医者さんと相談しながら、ご自分でも調べて、納得した上で服用を始めて下さい。


【主なステロイド剤の副作用】

緑内障/白内障/創傷の治癒遅延/皮下出血 /皮下組織萎縮/皮膚が薄くなる

ニキビ/多毛/筋萎縮/骨粗鬆症/脊椎圧迫骨折/大腿骨頭壊死/胃潰瘍/腸穿孔

脂肪肝/急性膵炎\精神障害/多幸感/異常食欲亢進/不眠/偽脳腫瘍症状

けいれん/てんかん/高血圧/浮腫/ステロイド糖尿/高脂血症/小児成長抑制

月経異常/無月経/腎不全/ステロイド離脱症候群/血栓促成/血栓性静脈炎

塞栓/梗塞/白血球増加/好酸球・リンパ球の減少/免疫反応の抑制

| ステロイドの副作用 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オスグッド・シュラッダー病 (成長痛)

オスグッド・シュラッダー病とは?

--オスグッドとはどう言う病気ですか?教えて下さい。

スポーツを頑張っている成長期の子供によく見られる症状です。主に膝の下に強い痛みを感じ、走ったり屈伸したりできなくなってしまいます。
レントゲンを撮ると、膝のお皿の下の軟骨が飛びだしているのが特徴で、酷い時には骨が少しめくれて剥離骨折を起こしています。

--何が原因で痛くなるのですか?

一般的には、成長痛と言われる位ですから、子供が成長している過程で問題が起こり、痛みが起こってしまうと考えられています。
ですので、病院では、成長期が終わるまでは我慢するしかない、仲良くつきあって行くしかないと言われてしまいます。

--では、痛みを我慢するしかないのですか?

そんなことはありません。よく考えみて下さい。
ほとんどのオスグッドの子供は、たいてい片足が痛くなります。(それをかばって両足とも痛くなるこもありますが)成長期が原因であれば、両足とも最初に問題が起きるはずですよね。片足だけ成長が早いなんて、ないですよね?!
膝下の軟骨にしても、よ~~く周りを探して見たら、軟骨が飛び出していても全く痛くない子供がいっぱいいるはずなんです。
という事は、成長期だとか、軟骨が飛び出ているだとかは、膝の痛みとは関係ないということです。

--では「pepからだ工房」では、どのように回復させるのですか?

施術に来た子供達の話をよくきくと、原因が見えてきます。
運動不足の状態から急にいっぱい走ったとか、いつもやってない新しい練習方法を行ったとか、試合が近くて練習量が多くなったとか・・、みんな脚が疲れすぎた時に起こっているんですね。
では話しは簡単です。極度の疲労で固くなった筋肉を、緩めてあげればいいだけです。

電気やマッサージを試したけど、ぜんせん良くならないよ・・という場合には、もっと体に負担のかからない特別な施術方法を行う必要があります。

それを行うことで、何ヶ月も痛くて走れなかったオスグッドの子がその場で、もしくは2~3回の施術で思いっきり走れるようになります。オスグッドは一部を除いて、そんなに難しい症状ではありません。


◇◆◇ オスグッド回復体験談 ◇◆◇


サッカーのクラブチームで活躍する熊田洋介くん(仮名)とお父さんにお話を伺いました。

■ いつから痛みが出てましたか?

子:左ひざの痛みで、本格的に痛み出したのは今月に入ってからです。

■ 痛みが出てからどうしましたか?

父:整骨院に通いました。前から色々怪我をした時なんかに行ってたんで、そういう関係でお世話になりました。
子:主には冷やしたり、たまに揉んだりという感じ。

■ 結果はどうでしたか?

父:ちょっと…痛みに変化がみられなかったです。
子:サッカー出来ないんですごくイヤでした。

■ 全然動けなかったの?

子:いや、何とかできるにはできたんだけど、練習とか試合が終わった後にすごく痛くなって、しばらく使えない感じです。

■ それからどうされました?

父:心配になってネットで検索してたら結構治らなかった例とか放っておくと運動が出来なくなるような事も書いてあったんで、「あっ、こりゃヤバい!」ってことで、やっぱりネットで良くできるところを探したんです。

■ この療法を知った時はどう思われましたか?

父:体験談なんかはいろいろ載ってましたけど、正直半信半疑でしたよね。
ホントかよ~みたいな(笑)でも、とにかく行ってみようと思いましたね。

■ お父さんに誘われてきたんですね?

子:そう、いきなり「行くぞ!」って言われて…

■ どう思った?

子:良くなるんなら早く行きたいと思った。
父:朝調べて電話して予約して、そのまま子供を迎えに行ってこちらに来ました。

■ 施術後の感想をお聞かせください。

子:正直ビックリ。1回やっただけで痛みを全く感じなくなった。

■ 今オスグッドで悩んでる子も結構いるけど、一言お願いします。

子:百聞は一見にしかず。

■ 素晴らしいお言葉です。貴重なお話ありがとうございました。



pepからだ工房【お問い合わせ】


| オスグッド・成長痛はよくなる | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。